Loading...

フッ素加工のフライパンで癌になる!はどこまで本当か

Fry 

 

フッ素加工で癌になる? 

フライパンに関するご質問をいただきました。

 

いつも楽しく拝見させて拝見させて頂いています。 以前から気になっていたのですが、フッ素加工のフライパンについてどう思われますか?ネットの記事を見ると、ガンになるという記事が書いてあることがあって気になります。

 

とのこと。フッ素加工されたフライパンは本当に安全なのか?という疑問ですね。

 

 

いちおう説明しとくと、フッ素加工されたフライパンは焦げ付きにくいのがウリ。テフロン加工といった言い方もしますが、どちらも同じ技術を使っております。



フッ素加工で大腸癌の発症率が上がった?

で、フッ素加工がヤバいのでは?と言われる根拠はいくつかありまして、たとえば2013年の研究(1)が有名なところ。これはギリシャで行われた観察研究で、大腸癌にかかった250人の患者さんのライフスタイルを調査したんですね。

 

 

すると、フッ素加工の調理器具を使ってた人は、そうでない人より大腸癌の発症率が1.57倍ほど高かったというんですな。なかなか恐ろしげな話であります。

 

 

この原因として、よく言われてきたのが「PFOA」っていう化学物質。これはフッ素加工の補助剤として使われていた物質で、「発癌性が高いのでは?」って指摘が多かったんですよ。ネットのフッ素加工否定記事も、だいたいPFOAを取り扱ってるはず。

 

 

調理器具の発がん物質は気にしなくてよい

が、こちらには昔から反論がありまして、たとえばFDAが2005年に行った調査(2)では、

 

  • フッ素加工の調理器具からPFOAが人体に入るケースはまず心配しなくていい
  • というか、フッ素加工された紙(ポップコーンバッグとかに使うやつ)のほうがフライパンの100倍以上もPFOAが入ってるよ!

 

 みたいな結論。さらに2010年にギリシャで行われた観察研究(3)では、182人の血液サンプルを調べたところ、血中のPFOA濃度と発癌率には相関が見られなかったとか。

 

 

もっと言えば、2006年には世界中のメーカーが「PFOAを全廃しようぜ!」って取り組みを始めてまして(4)、現行のフライパンはかなりPFOAの量が少なくなってたりします。つまり、

 

  • もともと調理器具のPFOAは微量なレベルだった
  • しかも、メーカーの努力でPFOA量はさらに減った
  • というか、そもそもPFOAの発癌率もよくわかってない

 

 って感じです。まぁ今売ってるフライパンなら何の問題もないんじゃないかと。

 

 

結局は高温調理がいけないんじゃないか説

では、なんで2013年の研究で「フッ素加工に発癌率がある?」みたいな結果が出たかというと、

 

  • 焦げ付かないフライパンを使うと、つい高温調理をしがちだから!

 

ってのが有力な線ではないかと思われます。過去にも何度か紹介したとおり、高温で調理した肉や魚は有害な物質を生みますんで、そこらへんが「フッ素加工 → 発癌率アップ」の流れを生み出してるんじゃないですかねぇ。

 

 

ってことで以上の話をまとめると、

 

  • フッ素加工(テフロン)のフライパンは安心して使ってOK
  • でも焦げ付かないからといって高温調理しないでね!

 

ってことになりましょう。参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。