Loading...

目標を確実に達成したいなら、事前に「失敗しておく日」を作っておこう!みたいな話

目標設定 

つい先日「正しいダイエットにはチートデイが必要だ!」 なんてネタを書きました。カロリー制限をするときは、定期的にチートデイ、すなわち「わざとドカ食いする日」を作ったほうが効果的だって話です。

 

 

その理由は、体内のホルモンバランスが調整されるから。定期的に十分なカロリーをとることで、脳が安心して脂肪を燃やし続けてくれるんですね。

 

 

が、近ごろ出た論文(1)では、さらに「すべての目標達成においてチートデイは有効だ!」って結論になっていておもしろいです。ダイエットだけでなく、貯金や勉強でもチートデイは効果があるんだ、と。

 

 



チートデイを作るとモチベーションが続く

これはポルトガル・カトリック大学の実験で、まずは36名の参加者を以下のグループにわけたんですね。

 

  1. 週一のチートデイを作って2週間のカロリー制限
  2. 普通に2週間のカロリー制限

 

すると、チートデイを作ったグループのほうが体重が減ったのはもちろん、

 

  • ダイエット期間中のセルフコントロールの感覚がアップ!
  • ダイエットがより楽しいと感じられた
  • 減量へのモチベーションがより高くなった

 

などの変化が出たらしい。研究者いわく、

 

特定の行為や習慣をおさえ続けていると、やがて「どうしても抗えない衝動」が首をもたげてくる。

 

この衝動は自己コントロールの能力を破壊し、結果として以前よりも事態は悪くなってしまう。

 

今回の実験データは、シンプルで効果的な自己管理のヒントになるだろう。目標を達成するには、あらかじめ「快楽にふける瞬間」を計画しておくのが大事だ。その快楽は、良いことでも悪いことでも構わない。それだけで目標達成の可能性は格段に高まる。

 

とのこと。どうやらチートデイは心理的なメリットもかなり大きいみたいですね。

 

 

あえて失敗したほうが成功率は高まる

もうひとつの実験では、今度は64名の参加者を以下のグループにわけたらしい。

 

  1. チートデイの方法を教える
  2. なにも教えない
 
その後、参加者それぞれの目標(貯金とか運動とか)にチャレンジしてもらったところ、結果は予想のとおり。どんな目標においても、チートデイを使った参加者のほうが成功率が高かったんですね。
 

 

 

研究者いわく、

 

予期せぬ失敗は「敗北の感覚」を生み、失敗の連鎖を起こす。これは「どうにでもなれ効果」と呼ばれる現象で、目標達成のモチベーションは完全に失われてしまう。

 

ところが、失敗してもいい日を事前に計画しておくと、事態は真逆の方向へ向かう。チートデイにより、目標達成の能力が逆に強化されるのだ。

 

もちろん、チートデイだからといって、あまりに快楽にふけり過ぎるのは考えものだ。目安としては、週に1回のペースで、全体の活動量の15%をチートデイに割り当てればよい

 

って感じらしい。これはなかなか分かりやすい基準ですねぇ。何か目標をお持ちの方は、「全体の15%はサボる!」 とか決めておくといいかも。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました(http://amzn.to/2ogEBmC)。