Loading...

86%の糖尿病が治った方法があるよ!という研究にちょっとビビる

Blod

 

糖尿病治療の決定版はどれなのか? 

ご存じのように、いったん糖尿病になると治すのは難しいわけです。もちろん完治するケースもあるんですが、多くの場合では、血糖値を地道にコントロールしつつやりくりしている人が多いのが現状ではないかと。

 

 

ちなみに、「特定の食事法で糖尿病は良くよくなるの?」って問題も混迷していて、いまのところは「健康的な食事ならなんでもいいんじゃない?」ぐらいの感じ。一部で言われるように「糖尿病には糖質制限こそ最強!」みたいな話には根拠がなかったりします。

 

 

いちおう「パレオダイエットが糖尿病の改善にいいよー」ってデータもあるんですが、いまんとこはもうちょいデータを待ちたいことろ。とりあえずは、体内の炎症を抑えるような食事を心がけるのが大事かと思うわけです。

 



86%の患者が改善した方法とは?

が、そんな状況下で「患者の86%が改善したよ!」ってデータ(1)が出てビビりました。掲載誌はランセットで、信頼性も高そうのがいいですねー。

 

 

これはグラスゴー大学の実験で、2型糖尿病の患者さん298人が対象。年齢は20〜65才だったそうな。

 

 

で、具体的には、患者さんたちの半分にどんな指示をしたかと言いますと、

 

  • 1日825〜853kcalで3〜5カ月過ごせ!

 

だけです。 極端なカロリー制限を命じただけで、あとは別に何の指示もなし。カロリーさえ守れば、好きなものを食べてOKだったそうな。といっても1日800kcalを3カ月も続けるのは地獄でしょうが・・・。

 

 

15kgの減量で大幅に症状が改善する

また、残りの半分の患者さんは、それまでと同じ糖尿病用の食事を続けるように指示したとのこと。その上で、カロリー制限グループとどんな違いが出たかをチェックしたわけですな。

 

 

ちなみに、カロリー制限が終わったあとは、2〜8週間をかけて少しずつ食事の量を増やしていった模様。その際は、患者さんたちに認知行動療法やエクササイズの指導を行なって、再び食べ過ぎの生活に戻らないようにしたんだとか。やっぱ認知行動療法ってダイエットに使われているんですなぁ。

 

 

 さて、それでどんな変化が出たかと言いますと、

 

  • 86%の患者さんは平均で15kgの減量に成功!さらに糖尿病がほとんど完治!
  • 15kg以下の減量にとどまった患者さんでも、それなりに糖尿病が改善!

 

だったそうな。これはなかなかの成果ですなー。いっぽうで、前と同じ糖尿食を続けたグループは、約4%しか症状が改善しなかったそうで、こちらも違いは歴然としててますねぇ。

 

 

手軽さと効果のバランスではカロリー制限がベストかも

研究者いわく、

 

現在の糖尿病治療は、原因の根本を正すのではなく、2型糖尿病の血糖値をいかに下げるかどうかに注力している。もちろん食事やライフスタイルの改善が言われることもあるが、カロリー制限による糖尿病の治療について触れられるケースはほとんどない。

 

今回の実験が他と違うのは、この研究ではカロリー制限だけを行い、特にエクササイズの指導などはしなかったことだ(長期的には運動量を増やすのも大事だが)。ほかにも、肥満の外科手術などでも4分の3の糖尿病が治ることがあるが、手術はリスクが高く、少ない患者しか恩恵を受けられない。

 

とのこと。肥満手術でも糖尿病が良くなることはあるものの、手軽さと効果のバランスで言えば、極端なカロリー制限がベストなんじゃないか、と。そうかもですな。

 

 

当ブログでは、以前にも「糖尿病を治すならとりあえずカロリー制限」って話を書いてまして、今回の結果にも納得であります。ただ、この実験は白人しか対象にしてないので、アジア人にどこまで適応できるかはわからないところはご注意ください。ただ、いったん糖尿病になっちゃった方は、極端なカロリー制限を選択肢のひとつに入れてもいいのではないかと思う次第です。どうぞよしなに。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

42才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。「パレオダイエットの教科書」と「服用危険」って本が発売中です。