Loading...

老化を防ぐスープ「牛骨ボーンブロス」の作り方

2016 08 11 22 28 45

  

パレオダイエットのメニューで、よく使われるのがボーンブロス。日本ではなじみが薄いですが、要は肉・魚・野菜などからとった液状の出汁のことです。海外だと「美容と健康に効くスーパーフード!」とも呼ばれてまして、「ボーンブロスで痩せよう!」みたいな本もいろいろ出ております。

 

 

とはいえ、ボーンブロスのメリットについてはまだ研究例が少ないんで、本当にスーパーフードと呼べるかと言えばかなり疑問。そもそも、ボーンブロスには決まったレシピがないんで、なかなか実験が難しいんですね。

 

 

数少ない例でいえば、2000年に出た論文(1)が有名で、ボーンブロスを飲んだ参加者は免疫力がアップしたうえ、消化能力も改善したとか。これは、ボーンブロスにふくまれるアミノ酸のおかげで、炎症の効果が得られるようなんですな。

 

 

最近では、あのコービー・ブライアントが、スポーツドリンクがわりにボーンブロスを飲んでるとか(2)。確かにボーンブロスは電解質とアミノ酸が豊富なんで、それなりに使えるのかも。

 

 

もちろん、少ない事例で判断するのは危険ですが、ボーンブロスにいろんな栄養素が入ってるのは間違いないところです。たとえば、

 

  • グルコサミン
  • ヒアルロン酸
  • アルギニン
  • プロリン
  • グリシン
  • グルタミン

 

みたいなところ。全体的に抗酸化と抗炎症パワーが高い成分がほどよく入ってますし、なによりカラダに悪い栄養素が少ないんで、アンチエイジングフードとしてはかなり優秀なんじゃないかと。まぁ、実証研究については今後に期待ということで。

 

 

ってことで、近ごろは、よく牛骨を使ってボーンブロスを作っております。材料はこんな感じ。

 

材料

  • 牛骨、または鶏ガラ 1.8kg
  • 水 2.8リットル
  • リンゴ酢 大さじ2杯
  • タマネギ 1個
  • ニンジン 2本
  • 長ネギ 1本
  • ローリエ 3枚
  • ローズマリー 3-5枝
  • ニンニク 6かけら
  • コショウ少々

 

基本は牛骨と水さえあればOKなんですが、タマネギと長ネギで食物繊維をプラスすると、さらにいい感じです。 

 

 

作り方 

作り方も簡単で、基本的にはすべての材料を徹底的に煮込むだけです。具体的には、


  1. 高温のオーブンで牛骨、または鶏ガラを40分焼く(めんどうなら焼かなくてもOK)
  2. 焼いた牛骨をスロークッカーに入れ、水とリンゴ酢を追加。
  3. みじん切りにした野菜を鍋に入れて弱火で煮込む。牛骨の場合は48時間、鶏ガラの場合は24時間が目安
  4. 煮込んだボーンブロスをジャーに移し、冷蔵庫で4~6時間冷やす

 

こんな感じ。寸胴鍋でもできますが、管理がめんどうなのでスロークッカーはあったほうが便利。安いし。

 

2016 08 09 08 15 21

 

で、30時間ぐらい煮込むとこうなります。部屋中が激しく良い匂いに包まれて、やたらと腹が減ります。

 



 

2016 08 09 08 26 19

 

あとは具材とスープをよりわけて終了。野菜にも良質のダシが染みこんでるんで、カレーなんかに混ぜて食うと激ウマであります。 

 

2016 08 09 08 27 57

 

 これが完成形。これで適当に野菜を煮込んで味つけしても、うまく食えるかと思います。

 

2016 08 11 22 28 45

 

しばらくほっとくとプリプリのゼラチン状になりまして、これがまた体にいいアミノ酸の固まり。時間はかかりますけど、スロークッカーを放置しとけばいいんでラクかと思います。いろんな料理のベースに使えるんで、こまめに作っておくと便利。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. はじめまして
    リンク先のスロークッカーに
    このレシピの材料は、全て入りますか?
    分量減らして入れてますか?

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS