Loading...

誰でもできるGoogle式マインドフルネス瞑想入門

Yogafree


このブログでも何度か紹介したチャディー・メン・タンの「サーチ! 」。Googleが社内研修で行っているマインドフルネス瞑想の方法が書かれた良書で、今もたまに読み返しております。このなかから、Google式マインドフルネス瞑想の初歩をまとめてみます。





ステップ1:2分間なにもしない

Google式マインドフルネス瞑想は4段階にわかれています。まずは、2分間だけ何もせずじっと座りましょう。居眠りはもちろん考えごとも禁止で、許されるのは呼吸だけ。


チャディー・メン・タンいわく「世界で1番簡単なマインドフルネス瞑想」とのことですが、慣れていない人がやると異常に難しいはず。かくいう私も、最初は2分すら集中力を保てず落ち込んだものです(笑)。


Do Nothing For 2 Minutes」という、2分間の瞑想を助けてくれるサイトもありますんで利用してみるといいかも。


ステップ2:3分間呼吸に集中する

2分間の瞑想で集中力がもつようになったら、今度は呼吸に集中しつつ3分の瞑想にチャレンジしてみましょう。息が鼻を通りぬける感覚に意識を向け続けるのがポイントであります。場所や時間は問わず、仕事中でも読書中でも気が向いたときに実践してみるとよいらしい。


ステップ3: 7分間なにもしない

今度は瞑想時間を7分に延ばします。ボーっと座るだけでもOKですが、慣れないうちは呼吸に意識を集中するほうがラク。もし呼吸から意識が逸れても、「あー、オレは集中力がない!」とか思わずに淡々と呼吸に集中しなおすのがコツです。


ステップ4:マインドフルネスリスニング

友人と協力して行うトレーニング。呼吸に集中する瞑想と同じ要領で、相手の話を3分間だけマインドフルに聴きます。何かを言いたくなっても口を出さず、ひたすら話の内容をそのまんま受け止めるのがポイント。聞き終わったら、いま聞いた内容を相手に説明して終了です。


まとめ

以上、Google式マインドフルネス瞑想の初歩でした。2分の簡単な瞑想から始めて、誰でもスムーズにトレーニングが進むようにデザインされているのがさすがですなぁ。最後のステップで、コーチングの世界ではおなじみの「傾聴」テクニックを取り入れているのも面白いところです。


ちなみに、日本でもGoogle式の瞑想を教えてくれる団体があるみたいですね。ちょっと興味があるけど、ビジネス用途に特化してる感じに二の足を踏んじゃうなぁ。

マインドフルリーダーシップインスティチュート


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

  1. グーグル式の瞑想法!さすが西海岸~とか思っちゃいましたが。これときどきやってみたいです。
    自分にとって必要なものに必要なだけの注意を向けるためにも、ものごとに集中できるようになりたいので・・。

    返信削除
    返信
    1. 「傾聴」のトレーニングを組み込むのがユニークですよねぇ。わたしも集中力が欲しいです。

      削除
  2. 本の紹介ありがとうございます。
    普通の「瞑想」の流れに対して、最後に「傾聴」がくるところが、確かにひねりが効いてますね。

    返信削除

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS