Loading...

運動で幸せになりたければ、まずは20分のエクササイズ。話はそれからだ!


ハーバード大学のタル・ベン・シャハー教授も「運動をしないのは憂鬱になる薬を飲んでいるようなもの」と言っていたとおり、運動が幸福度を高めてくれるのは有名な話。ほいじゃ、最低限どれだけ運動すれば幸せになれるの? ってことで見つけたのがイリノイ大学の研究。

参考:Physical activity may strengthen children's ability to pay attention



 

 

20分の軽い運動で快楽物質が出る!


子どもを対象に行った実験なんですが、20分の軽いウォーキングでもガツンと脳の活動がアップして幸福感が高くなったらしい。

左が座ったままのときの脳、右がウォーキングを20分やったあとの脳


なんでも運動を20分やると、

 

  • BDNF(脳を育てる物質)が出る
  • 認知と注意力を高めるドーパミンが出る
  • 気分を高めるノルアドレナリンが出る
  • 抗うつ効果を持つセロトニンが出る


などのご利益がいっぱいなんだそうな。BDNFは最近本当によく聞く物質で、わたしはほとんど理解してないんですがとにかく凄いらしい。なんかタンパク質の一種なのかな?(うろおぼえ)


じゃあ運動をいつやるの?いm(略)

ついでに、運動の幸福効果を高める方法について調べてくれたのがペンシルベニア州立大学の研究で、これがなかなか面白い。

参考:Differential effects of acute and regular physical exercise on cognition and affect.


被験者に1カ月のエクササイズをしてもらったあとで気分を判定したところ、以下の順位で脳の機能と幸福感がアップしたんですな。

 

  • 1位:定期的に運動していて、テストの朝も運動したグループ
  • 2位:定期的な運動はしていないが、テストの朝は運動したグループ
  • 3位:定期的に運動をしていたが、テストの朝は運動しなかったグループ
  • 4位:運動をしていないグループ


1位と4位は順当として、「定期的な運動」よりも「その日の朝の運動」のほうが勝っている! 特定の1日だけを抜き出した場合、定期的な運動はさほど影響がないみたい。いかに運動が、短期的に脳の機能を上げてくれるかがわかりますねぇ。


そんなわけで、歩くだけでもいいから毎日20分だけ運動をすれば幸せになれる!というお話でした。わたしも、エクササイズができなかった日でも、意識して軽く体を動かそうと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントを投稿

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

40才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。あまりに不摂生な暮らしのせいで体を壊し、一念発起で13キロのダイエットに成功。その勢いでアンチエイジングにのめり込む。

serialization

hbol

RECENTLY READ BOOKS