Loading...

「運動前に糖質を摂らないほうが痩せる」説は正しいのか?問題

Run 

 

「運動前に糖質を摂らないほうが痩せる」説 

 「運動の前に糖質をとるべきか否か?」みたいな問題があるわけです。ご存じのとおり、運動のパフォーマンスを上げるには糖質が不可欠なんで、私などはエクササイズ前にはサツマイモなどを食べております。

 

 

が、いっぽうでは「運動前の糖質は控えたほうが痩せる!」って意見もあったりするわけです。ざっくり言えば、糖質によってインスリンが分泌されると、そのせいで脂肪の燃焼が遅れるため、せっかくのエクササイズの効果が半減しちゃうんだ、といった理屈ですね。体を引き締めるために運動をしていらっしゃる方には、ちょっと気になるとこかもしれません。

 

 

ってことで参考になるのが、近ごろ出たばかりの論文(1)であります。

 



 

運動前の糖質量を変えて実験してみた

これはフロリダ州立大学の研究で、10人の男性を対象にしたもの。ランニング歴が長くて、それなりに心肺機能が高い人だけを選んだらしい。

 

 

で、この実験では、エクササイズの30分前に、以下の3種類のドリンクのうちいずれかを飲んでもらっております。

 

  1. グリセミック指数が低いスターチ75gが入ったドリンク
  2. グリセミック指数が高い糖質75gが入ったドリンク
  3. ノンカロリーのドリンク

 

運動前に摂取した糖質の量とGI値の違いによって、脂肪の燃え方に違いが出るかをみたわけですね。

 

 

糖質を摂ろうが摂るまいが脂肪は同じように燃える

そのうえで、さらに以下のような3パターンの運動を行って、脂肪の燃え方に違いが出るかをみております。

 

  1. 最大酸素摂取量の60%で30分のランニング
  2. 最大酸素摂取量の75%で30分のランニング
  3. 5キロのタイムトライアル

 

で、その結果は下のグラフのようになりました。これは皮下脂肪からグリセロールが放出される量を示してまして、要は「どれだけ脂肪が燃えたか?」を表しております。「PL」はノンカロリードリンクを飲んだ場合で、「G」がGI値の高いドリンク、「UCAN」はGI値が低いドリンクですね。

 

Ucan

というわけで、ご覧のとおり、どのパターンにもほとんど差がでておりません。運動前に糖質を摂ろうが摂るまいが、脂肪の燃え方に違いはないわけっすな。結局、大事なのは摂取カロリーだという、いつもの結論であります。

 

 

まとめ

ちなみに、運動のパフォーマンスについても結論は同じで、ドリンクのGI値が変わってもエクササイズの能力が上がるわけじゃなかった、とのこと。研究者いわく、

 

現在のスポーツ栄養学の世界では、運動前にGI値が低いものを摂ってもメリットがほぼないとされている。今回の実験は、このガイドラインを支持するものだ。

 

だそうで、「低GIのほうがいい!」って考え方にも冷水を浴びせておりました。

 

 

まぁこれはサンプル数が少ない実験なんでアレですが、運動に糖質が重要なのは間違いないところでして、エクササイズと炭水化物の問題については、

 

 

といった エントリも参考になるかと思います。どうぞよしなに。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。