Loading...

筋トレで身長が縮む!ってどこまで本当?

Barbell

 

筋トレで身長が縮む!って問題についてご質問をいただきました。

 

よく筋トレサイト等でスクワットをすると身長が縮むという噂を目にするのですがこのことは事実でしょうか。またもしそうなら、それはスクワット全般に言える事なのか?それとも自重や低負荷のスクワットなら問題ないのか?を知りたいのです。 

 

とのこと。確かに、筋肉を鍛えすぎると身長が縮むんじゃないの?って話はよく聞きますねー。

 



 

どういった説かと言いますと、

 

  • 増えた筋肉が骨の成長をジャマする!
  • 高重量で骨が縮んでいく!

 

みたいな感じです。そう聞くと、なにやらあり得そうな気もしてきますね。

 

 

で、結論から言っちゃえば答えは「NO」です。というのも、いろんな文献を見てますと、筋トレで身長が縮むどころか逆に伸びる!ってデータのほうが多いもんですから。

 

 

たとえば代表的なのは2010年のメタ分析(1)で、過去60年の間に出た「筋トレと成長」に関するデータをまとめてくれております。これによると、成長期に筋トレを行った場合は、

 

  • 筋肉&筋力が右肩上がりで伸びる(≒やればやるほど体にいい)
  • テストステロンや成長ホルモンが増加
  • 骨も固くなり成長しやすくなる

 

って傾向が一貫してみられたんですね。まあ筋トレで成長ホルモンが出るのは常識なので、身長に良い影響が出るのも当たり前かもしれません。あぁ、子供の頃から筋トレしとくんだった…。

 

 

そんなわけで、まず「筋肉が骨の成長を阻害する」って説には根拠なし。続いて「高重量のせいで骨が縮んでいく」って話ですが、こちらについては“一時的”な現象としてはあり得ます。

 

 

ご存じかと思いますが、ヒトの脊柱は外からの圧力に応じてつねに伸び縮みしていて、1日を通しても結構なレベルで身長が変わります。普通に垂直に立ってるだけでも脊柱は縮んでいきまして、1日もすれば平均でだいたい身長が1%ぐらい変わるとお考えください(2)。

 

 

同じことは筋トレでも起きまして、デッドリフトやバーバルスクワットのように、下方向へ負荷がかかるエクササイズを行えば、当然ながら脊柱も縮みます。ただし、これはあくまで一時的なものなんで、横になって寝れば圧力が解けてもとの状態にもどるんですね。

 

 

もっとも、ウン100kgの高負荷なバーバルスクワットでもすれば、膝の軟骨がすり減って背が縮む可能性もありますけど、一般的な筋トレ好きならそこまで心配する必要はなし。安心してスクワットやデッドリフトにはげんでいただければと。

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホーム item

mail magazine

パレオな男 メルマガ登録
メアド:
名前:

ABOUT

自分の写真

41才のプロパレオダイエッター/編集者/ライター/NASM®公認パーソナルトレーナー。国内外の学術論文を読み漁るのが好きな人。パレオダイエットの本を書きました。